多くの製品に使えるフッ素コーティングで防湿しよう!

水滴と基板

お洒落な皮革製品はフッ素コーティングで防湿対策を万全に

水滴

高級なお洒落にこだわりがある人は、皮革製品を特に好んで使う人も多いです。皮革製品は、コートやジャケットといった身に着けるものに加え、財布、バッグなど、様々な持ち物の素材としても使われています。皮革製品を着用したり持ち物として使う場合、長期に渡って使い続けることが前提の製品ですので、購入後のメンテナンスのことを最初から考慮に入れておく必要があります。
その場合、おすすめなのは、フッ素コーティングによって撥水・防湿加工が施された製品を選ぶことです。皮革製品を普段使いにせず、とっておきの機会にだけ身に着けたり持ち歩いたりするつもりの人は、長期に渡って室内の収納に入れっぱなしにする場合があります。夏や雨季には、室内収納は高温多湿になり、皮革製品はすぐにカビが生えたり変色したりして、使えなくなってしまうことが良くあります。フッ素コーティングで防湿仕様にされた生地を使った製品であれば、このようなリスクも減らすことが可能です。また、フッ素コーティングで撥水仕様になっていれば、外出の際に雨や雪にあたっても、生地の表面で水分をはじいてくれるので、水気で傷んだり、水分がしみ込んで体が冷える心配もありません。
皮革製品は、身に着けるもの、持ち歩くもの不問で、メンテナンスを容易にしてくれる撥水・防湿加工済のものを選びましょう。

現代のモノづくりには欠かせないフッ素コーティングの技術

フッ素樹脂の被膜で表面をカバーして保護したり、その製品そのものは持っていない特性を追加で付与する加工技術をフッ素コーティングといいます。この技術の威力は、これがなかったら何が起こるかと考えてみると、分かりやすいかもしれません。
例えば、シリコンやゴムを使った各種の製品も、フッ素コーティング剤を成分として使用した離型剤がなければ、今ほど確実に綺麗な離型が出来ず、生産効率は大きく低下すると考えられます。また、フッ素コーティングによる撥水・防湿対策が取られていない靴やウェア類を身に着けていたらどうでしょうか。急な雨に降られたら、生地にしみ込んだ雨水で体も足もに濡れてしまうでしょうし、湿度の高い環境では、防湿効果のない衣服のお陰で不快指数が非常に高くなると予想されます。電子機器の基板にフッ素コーティングによる防湿対策が取られていなかったら、精密な電子機器は、今よりもずっと寿命も短く、壊れやすい製品になることでしょう。
今、「普通」あるいは、「当たり前」と考えられている様々な製品のクオリティや性能は、実は非常にハイレベルなものであり、それは、フッ素コーティングという技術のお陰で実現できていると言えるでしょう。

幅広い製品に便利な特性を付与できるフッ素コーティング

自宅にいて目に入る製品の中で、フッ素コーティングの技術のお陰でより便利になったり、品質・性能が向上しているものは沢山見つかります。例えば、キッチンで使っている調理器具の中で、テフロン加工をしているものがあれば、日々、焦げ付きやこびりつきに悩まされることなくごく手軽に料理することが出来ているはずです。それは、調理器具をフッ素樹脂でコーティングすることによって、非粘着性や撥油性といった特性が付与されているためです。
或いは、普段、スポーツを楽しんでいる方なら、いくつかスポーツウェアを持っているでしょう。ランニングなどで軽い汗をかいても、ウェアの中がさほど蒸れたりせずに快適なのは、ウェアの繊維がフッ素コーティングされており、優れた防湿性を発揮しているためです。
または、お勤めに皮革のバッグを使っている人もいるでしょう。夏場、湿度が高い時期でも、皮革製のバッグにカビが発生しないのも、フッ素コーティングによる防湿加工のおかげです。
非粘着性、撥油性、防湿性に加え、フッ素コーティングには、製品に撥水性を付与する効果もあります。こちらは、レインウェアやアウトドア製品で活用されています。探してみれば、生活に密着した製品で、フッ素コーティングが役に立っているものは、まだまだ見つけられるはずです。


精密機器の天敵である湿気、予期せぬ形で故障する基となっていますそんな湿気を防ぐ防湿コーティングを施してくれる「フロロサーフ」はおすすめです!詳しくは『フロロテクノロジー』へ!

ニュース

TOP